クラウドとディフェンス!

真理さんへ

 

My Little Lover 90年代シングル集

https://youtu.be/gsBjozY_y8M

youtu.be

 

 神仏は、もう三川後の世界戦略に関して、考え、行動に移っているのかもしれませんね。そんなあの世の流れを感じます。ただ私は今の時の人なのでありましょう。でも誰もが私を忘れて暮らしております。私もそれが小説家、科学企画者の定めだと思っています。世の中に大切にされる小説家は、確かに人との出会いをものにしております。それが私の足りない部分なのでありましょう。私には心のゆとりがありません。ただ三川後が成立しているとすると、それは日本国第一次共和制が樹立していると、もうそのことに関して、準備を始めておりますよという、あの世の動きなのでありましょう。

 でも、私の内面は、日本の政治よりも砂漠緑化に興味があったりします。戦の無い世の中に…。それが私のこの星での願い事です。まず砂漠国には、経済基盤が整っていない。設計図通りに物を作って見せる技術もない。

 まあ、兎に角、三川は実は力無しだと、そのことばかりを念じている一血統が存在いるのは間違いない訳でして…。

 

 私はこの歳になって、時間にゆとりが出来たら、「北の国から」を全て、視るのかもしれません。倉本聰さんは、悪を描くことを恐れない強い姿勢があるから…。実は私のスタイルのように正義でいようとする小説家の技量なんて、実はそれほど難しくはないのですよね。私はその安楽椅子に座り続けて、電気ショックを自分の才能と勘違いしているだけかもしれません。しかし、私には時間がない。寝ても覚めても文章は書いているけれども…。

 

 私にも若い頃恋に落ちた経験がありますよ。青函連絡船がまだ運航していた時代。その頃の函館…。でも、殆ど忘れておりますけれどもね…。

 その思い出と引き換えに、砂漠緑化の夢を見ているのでありましょう。それが実現できる実力のある女性が真理さんだから、私は真理さんに固執しているのでありましょう。

 

 今になって時間に追われて、捨ててきた物に関して、目の前のゴミを思うけれども。私のゴミの妄想は、願いが叶う女性を思ってのことであります。「サンタは女神に恋をした…。」後世の作家が書いたこの物語を、私は既に読んでしまっているのかもしれません。それを見守っているのですけれどもね。

 でも、真理さんはきっと砂漠緑化に関して、それ程のことだとは思っていないみたいですよね。

 近所に願うカトリック教会がないから、思わず願いが叶う神道に念じてしまいます。

 

 私もこの歳になって、偽のイエスに関して思うのです。私はイエスの父であるから、偽者の進軍ラッパは事切れてしまう。それに関しての恩情は持つまいと決めて生きてきたけれども、何か日本人は、盗人の出来心に恩情を持つみたいで、そこに飢えの真実を見ているのかもしれないなとは、思うのだけれども…。

 私の心の病巣は、私という人間を作った神様に、私が帰依していないところからきているわけで…。そういう自分の方向性が、ユダヤを苦々しくさせているわけで…。私をお笑に思わせるわけで…。

 

Cullare La Tempesta (Scott Ouellette) - Alexandra Whittingham

https://youtu.be/sqsmDwL6v2w

youtu.be

 

 何か、複雑な前世の思いをぶり返しておりますが…。基本は、私は「善い行いも悪い行いもしませんよ」という、生き方に私は暮らしているわけで…。そこに柔道の自然体が存在するわけです。ただの物書きなだけならば、そこに柔道ではなく、宗教や哲学を置くのでしょうけれども…。私は柔道家だから…。そこで巻き込まれれば、相手を投げてしまう訳で…。おかげで、物凄く人相が悪くなりましたよ。日に日に若い頃の自分から遠ざかっております。

 

 どうも遠近両用メガネが必要なようです。笑

 

 今日は午前中Googleの使い方を少し勉強して、Googleのビジネスユーズに関して調べようと思っております。でも、基本的にGoogleやMSを使うと、ボロボロに情報が洩れるのですよね。とても発明には使えない。ということはそこにもシーズがあるわけで…。Wordってハッキングに合うときに必ず、IMEが一緒に可笑しくなるのですよね。これは使っていられないと思うことも暫し。

 でも、win Officeと、Googleを使えないと話にならないのも、実際ですよね。

 しかし、小説執筆数が足りない現実を感じると、そこから始めるほど悠長な自分でもなく。しかしwin10になってから、データ管理がし辛いのも実際のところでして…。クラウド仕様ですからね。しかし新しいことを始めるのに、難しさを感じる自分もあるわけで…。きっと、あの世の脳味噌って、若くて健康なのであろうなと、そういう予感はあるのです。

 これからはプログラマーという職業は無くなり、エンジニアという職種が必要になってくるのですってね。真理さんたちのPCが成立すると、はっきりとその傾向が端緒になるのでしょうね。

 

 と言う訳で、今日も頑張って仕事をします。

 またね。

 

 愛しております。

豚考!

真理さんへ

 

 ナナの一周忌です。早いものだ。

 

おびひろ動物園 インドゾウ ナナ 2017.09.23 DSC 0003

https://youtu.be/JLKszmvHVpo

youtu.be

 

 やはり、「おびひろ 野生園」構想は、机上の考えですかね? 仕事としては、試行錯誤それ自体が楽しいのではないかと思いますが…。私が動物園に行けなくなったのは、一生涯檻の中という、アニマルズの境遇に苦しみを感じるからなわけであり、私も精神病患者として同じ境遇でありましょう? そこを思わずにはいられないのですよね。ナナは私を見ながら、外界と自分とを遮断している組み立て支柱のカギを、鼻で指し示していたのですよね。頭が良いからカギを認識するのです。ナナは単に動物園内の散歩を私に訴えていただけなのです。それを思うと、悲しくって…。おびひろ動物園では、これから象やカバといった、園内を散歩させることができない身体の大きなアニマルズを飼育するのは、断念するべきですよね。神様である地球を、保護動物と人類が、一緒に願う世界があっても良いのではないかと感じる時があるのです。私はアニマルズに神格を感じる時が多いのですよねぇ。やはり周りにあるもの全てに神仏を感じる日本人の考え方は、「これからは動物園を無くそう」とするはずなのですよね。きっと動物園を獣医科野生園に代える考え方に靡いていくと思うのですよ。もう世界中で「動物園」という考え方は、低迷していくのではないでしょうか? 私は断然、動物のお医者さんの世界が、世界中普通の世の中になると思うのです。

 

 と言う訳でwin85-95は、かなりガッツリと手直ししました。今日は、まだ手を入れようと思っております。結局はいつもと変わらぬ平凡な文面になってしまうかもしれない。文章書きの単なる思い付きの冒険は、あまり成功しないなと思いました。メールはメール。作品は作品ですね。

 異空間の法秩序の話に流れてしまいそうなので、もっと自然や入浴シーンや宿の食など、きちんとレポートしたいなと思っております。

 どうやったら、かんの温泉に、お泊り取材できるでしょうかね? 二輪で行くと、熊が出そうですしね。明らかにスクーターよりも熊の方の足が速そうですし…。自動車でないと危なくってしょうがない。笑 湯治に行くのにレンタカー?という気もしますし…。第一、私は居眠り運転が、本当に怖いですから…。

 

 今朝は、長崎ちゃんぽんの即席麺を頂きました。私はちゃんぽんと聞いただけで、完全肯定派なのですよね。北海道もラーメンは美味しいですが、私はラーメンの中で一番好きなのは、帯広の北京亭醤油ラーメンと、長崎ちゃんぽんなのです。なにか帯広イオンの中の「餃子の王将」で長崎ちゃんぽんを出しているみたいなので、今度暖簾をくぐって来ようと思っております。

 昔、高校時代、柔道部の帰りに、長崎ちゃんぽんの即席麺がある店があって、そのことが懐かしくって( ^ω^)・・・

 

 で、なんと帯広イオンで、やっと大豆ミートの食材を見つけまして…。そしてその棚の側に、普通肉の水餃子が置いてあるのを見つけまして、どうしようか?と、考えてしまいました。母の鬼っ面が、思い浮かびまして…。何でこれを買ってきたのかと、詰問されるような気がしたので、止めて帰ってきました。苦笑

 多分自分で食事を作るようになったら、重宝すると思いますよ。

 

 小説を書きながら、いつも豚に関して考えております。馬も自分のことを考えてくれい、と申しますし( ^ω^)・・・屠殺無しで、収益率を今までと同じにするには、どうすれば良いのか? 真理さんの方でも考えておりますか? 私は毎日そのことに関して考えております。乳を出す生き物、毛を提供する生き物、走る、馬車を引くなど労働を提供する生き物…etc.他の家畜たちはスーパーマンなのですよね。でも豚は残飯を食して、それを労働にしているのです。豚には、老畜ホームが当たらない可能性もあるのですよね。そこなのです。老畜ホームに適合する家畜とそれが難しい家畜とがあって、非常にそこを克服するのが難しい。豚農家が、食残渣処理料を受け取って、豚に餌やり出来れば良いのですよ。でも実際は餌代を払わなければいけないのではないでしょうか? 収支が逆逆ですよね? そこをどうやって餌代に関して話を整理していくか?の話しなのです。

 

 何か良い方法はないかしら。まだ歯ブラシの毛が豚毛だったころなら、なんとか良い話にもなったのであろうが…。

 

 家畜家禽の「天寿放牧・老畜ホーム制度」が、採算が取れて、ブランド肉業化できれば、それは地球中が喜ぶとことだと思うのです。日本だけで頑張っても埒が明かないので、ヨーロッパでも取り組んでいただけると、日本の家畜家禽は屠殺されずに済むようになると思うのですが…。

 

 明日は、床屋に行って来ます。私の場合、もうどんな髪型にしても、似合いません。丁度黒と白の髪色のはざかいで、何処をどう切っても統一性が無いのです。まあ、笑顔だけは、見るに堪えるのですが( ^ω^)・・・苦笑 真理さんがショートヘヤーにした時の様に、一遍に華やいだりとかして良いですよね。これからの自分の人生には絶対にそんなことは起きませんよ。最近、真理さんの近況画像がないので、寂しいなと、思っているのですが…。

 

 ふっ、と、自分に幸せが訪れるような、予感が走りました。

 

 さて、執筆活動を再開します。

 またね。

 

 愛しております。

ボーっとしているけれども!

真理さんへ

 

リラックスした森の音と鳥のさえずりで長い睡眠-8時間

https://youtu.be/MTEhA7SJYNE

youtu.be

 

 結局、メールを小説の原型に使おうというのは、失敗しましたよ。これでドンドン書けていけると思っておりましたが、やはりメールは小説にはなりません。今まで書いた分は、一応記録として保存しましたが、メールの部分は削除して、そこから書き直しますよ。結局はラストシーンが拾えただけの徒労でしたよ。でもそれでも価値はあるものと感じたので、私は良かったかな?と拾い物を見て思っております。

 

 TOUTUBEで音楽を聴いておりますが、今後作のTOYという作品は非常に難しいですよ。最近、自分が書こうとしている世界が、非常に難しいのに気づきましてね。それなのに読むに値するものが書けているかというとそうでもないし…。

 大体私は自分でリコーダー以外は楽器を弾くことも出来ませんし、楽譜も読めない。結局は自分が不得手な領域に突っ込んでいくのですが、それで良かった例は全く無い訳で…。笑 

 

 何か今年の冬は変則的だったような気がしますし、辛い冬だったなぁ。やはり大地が底冷えすると同時に体調不良だったような気がします。酷くはないのですけれどもね…。

 でも今年は酒を覚えた年でしてね。そこは画期的だったかもしれません。

 あゝ、今日はホワイトリカーを買いに行かなければ…。

 

 真理さんと政治活動に関して、ずーっとググっているのですけれどもね。横浜市役所の活動欄にちょろっと、欠席者として真理さんの名前が記されておりました。笑

 真面目に、政治活動は何もやっておられないのかなぁ? そう言えばカジノ誘致問題でも、活動をされておりましたよね。真理さん、地味すぎるなぁ。おそらくインターネット上で活動をしていないだけなのかもしれませんが…。おそらく林市長の側近ということなのかな? そう言われてみれば、真理さんには政治的地番はないですよねぇ。現段階で精一杯なのかな? そう思って自分を見ると、全く政治活動などしていないわけでして…。私にも地番は無かったりしますよ。

 まあ、私は自分が企画屋なのを、凄く理解しておりますし、きっと政策秘書向きなのかな?と、思っておりますが…。

 でも、私は共和党内で、働かせて頂こうと思っておりますよ。きっと、私が繰り返して書いてきた活動に関して、考え方が広まっていったのでありましょう。多くが周知してくれたような気がしますし、きっとそれで私の主張の繰り返しは、自然と消滅しているのでありましょう。でも、こうしている間にも、屠殺、殺処分などが行われているのでありましょう。私は、家畜家禽には、大量生産で安価にした予防接種が必要だと思っているのですよ。私の話しの焦点は、今度は、家畜家禽予防接種技術を安価にするアイディアと、その国際的な普及に関することへと移っていくと思うのです。そこに真理さん系会社は、研究していくべきだと思うのです。何とか原種菌株ワクチン接種で、効くものとか開発出来たらなぁ。

 

 話は変わりますが、大豆ミートは大分、普及過程に入ってきておりますよね。いいぞいいぞ、この調子、と思って見ております。きっともう少し経ったら、母も大豆ハンバーグを焼く日が来ると思いますよ。材料は違いますけれどもね。若かりし頃の母がハンバーグを焼く姿が復活しそうで、楽しく過去をイメージしております。

 

 これからは日本の農家、漁師は、日本の食糧自給率100%へ向けて邁進していくわけでして、国際競争力の話しが、食卓の上に登る日も近いですよね。単に食料品残渣が減るだけで、かなりの命が救えるという話ではあるのです。どうやって、食改革をしましょうか?

 食料品残渣に関しては、全量飼料化が望ましいのでしょうか? これらも政権公約にしたいですよね。今のうちから、農林水産省職員の中で、日本の食糧自給率100%が望ましく、その道を邁進していくべきだと考える職員を、同士として募っておくべきではないでしょうか? その上で、家畜家禽屠殺禁止に関する基本法及び食品衛生法の改定の準備を始めるべきですよね。やはり、この食糧問題だけは、行政を前もって巻き込む必要がありますよ。

 

 どうやって鳥インフルエンザの変異株の流感を防いでいきましょうかね? 家畜家禽農家としては、是非とも気になる話でありますよね? きっと生物兵器生産を止める基本条約と関連が出てくるのでしょうか? つまり、最近の流感が激しいのは、生物兵器研究所から外部にウィルスや菌が漏れているだけの話しなのではないか? 自然災害ではなく、生物兵器災害だったのではないか? これは病原の遺伝子配列全解析能力と、その菌の出身生物種の割り出しを速やかに行う技術を持てたならば…。それだけで地方府行政は早期出動が可能な態勢を布くことが出来るようになるし、そういう第一歩が始まるのではないであろうか? 

 ここは思い切って、「人類・家畜・家禽遺伝学的多様性確保に関する条約」というのを制定して、家畜家禽の近親相関を徹底的に禁じてはどうであろうか? 乳品質のバラツキは、食品製造者の管理技術の向上で補えないか? 真理さん系企業と帯広畜産大学は、合同で遺伝学的多様性に関する基礎学問を展開してはどうであろうか? それと「人類・家畜・家禽共通病理菌」の菌の方の遺伝的多様性を持たせたら、病気は自然界で自然と散ってしまうのではないか? それほどに近親相関(行き過ぎた品種改良)を阻害する、トータルな病理論を展開できないであろうか? 今回のコロナ騒動は、そういった人類の「持病」に関する対処の遅れが、被害数のそのままの状況に現れているのではないか?

 

 今、イオンでホワイトリカーを買ってきました。早速、30gのアニスを470mlのリカーで漬けました。昼ご飯を食べたら、もう一度イオンに行って来ます。昨日貯金するのを忘れておりました。支払いが止まってしまう。汗

 

 と言う訳で、真理さんも、コロナには気を付けましょう。

 またね。

 

 愛しております。

平穏な日!

真理さんへ

 

山の川の音と森の鳥のさえずり。 深い眠りの12時間。

https://youtu.be/LBrFj0dVNb8

youtu.be

 

 華金ですね。真理さんは、お仕事お忙しいですか? お母様は達者でおられますか?

 真理さんが、仕事ができる環境でいて良いなと思っております。

 

 私は今日中にwin85-95の要らない文章を削除して、スッキリとさせたいなと思っております。心情的に私にとっては必要だという文面も、出来上がる小説には必要がなく、そういったことをしっかりと見極めて、何とか新味を持った作品にしたいなと思っております。

 

 アニス酒は、どうやら身体の中の石や血栓に、作用する働きがあるのでしょうか?

 膵臓で、何回にもわたって、キツイ痛みとともに石が流れている感じを持っております。何か自分にダメージを負わせながら、その根本原因は取れていっているような感じ…。もう何年も朝納豆を食べてきておりますが、アニス酒はそれよりも身体から石を取り出す力が強いのかもしれません。アニス酒は、そんな働きがあるのかなあ? どこかで実証できないかしら?

 どうも実験方法を思いつかないでいるけれども…。

 何とか朝アニス酒を生活の一部にしたいのですけれどもね。私の遺伝子の一部には、アニスの成分を補わなければいけなくなった、遺伝子の欠損があるのでしょうかしらね? 地中海由来の遺伝子がそっくりそのまま無くなってしまっているのかもしれません。ひょっとしたらこれが地中海ニグロからの由来なのかもしれませんよね。その場合、甲状腺の腫瘍にはどんな作用の違いがあるのかな?

 

 私はひょっとしたらリンパの流れが良くなったら、記憶力や知能指数が若返るのではないかと期待しているのです。よく思考性は脳内血流の影響と言っているみたいですが、根本的な臓器として脳を保には、リンパの流れが良くなることが肝心なのではないかと、私は思っております。

 

 人類は人類の身体組成成分以外の農薬を持ってはいけないと、はっきり国際法で定めてしまえば良いのではないかしらね? 当然そのためには、念入りな科学実証実験が必要ですけれども。「人の野生としてのテリトリー主張ですね。」笑

 

 私も来年には55歳ですからね。昔ならば、定年退職の時期だったかしら? 確かにアラフィーになってからの仕事は辛いですよ。昔の人は、まだまだやれる。まだまだ働ける。と言っておりましたが、私は精神科の薬で心身がボロボロですからね。もう54歳で、小説家・発明企画以外の仕事は出来なくなりましたよ。苦笑 でも55歳からなら逆に児童文学は書けるのかもしれない。爺さんの観察力ですね。周りの環境次第かな?そんな予感もあるのです。ペンネームがそうさせると思うのです。三川森ですね。

 そんな時に、スクーターがあればなあ、という気になりますよ。十勝管内ならば、スクーターで充分取材活動が出来ますから…。

 

松任谷由実 - 春よ、来い

https://youtu.be/qX7pFYH9O04

youtu.be

 

 天気予報では今日は、気温が4月中旬頃の陽気になるのだとか…。もう少しで北海道も春がやってきます。児童文学群の書き出しは、どういった統一性を持たせようかしら…。今書いている作品もそうですが、もっとキノコや山菜をふんだんに取り込んで児童文学を書きたいなと思っております。

 

 あゝ、4:30a.m.に起きて、アニス酒を飲んだのですが、6:00a.m.に酔いが晴れて、体調の良さだけが身体に残っていきます。この生活を続けていくと、またきっと私の社会環境は良くなっていくと思うのです。周りは朝酒でかい?というかもしれませんが…。

 

 

 母を起こす時間です。

 

 あゝ、今日一日頑張れば、三日間の休みですよ。この日課でコンスタントに執筆していけるなんて、なんて恵まれた環境でしょう。これで貧乏でなかったら嬉しいのですが…。

 

 今書いている小説は、多軒の温泉を描くよりは、一軒の秘境温泉宿で話を書いた方が、スッキリしているのですよね。昨晩、そのことに気づきまして…。この敗戦処理をどう扱うか、考えているところです。先ずは入ったことが無い温泉を描くのは拙いです。

 今日は事業所で、そこの部分をよく考えたいと思っております。

 Ummm…。

 

 事業所は温かすぎます。ウトウトが始まりました。余程、神経が沈静しているのでしょう。やはりフルメジン錠は要らないかな? どこで正常化しましょうかね? 自分の問題ですからね。少しは自分でも努力をしないと…。

 

 どうも抗精神薬が私に悪さしている感覚は、変わらないのですよね。

 日本の精神科は、世界標準の精神科へと、制度を変えるべきですよね。

 日本の精神医学は、犯罪に目覚めた医者が多くていかんです。どうせ逮捕されても、治らない思考なのでありましょう。きちんと道の命令で、刑犯者専門の精神科に入院させなければいけませんよね。

 

 全く来世は神仏だという人間が多いのだが…。これから自覚を即す考え方を、書き遺さなければいけないのでしょうか?

 あの世には、学習できるインフラも整備されているみたい。笑

 

 と言う訳で、またメールをします。

 またね。

 

 愛しております。

アニス酒と軟骨の柔軟性!

真理さんへ

春の癒しBGM ~心がじんわり温まる、優しい音色~【リラックス音楽】
https://youtu.be/k4iOsI7FM04

youtu.be

 そう言えば、桃の節句でしたね。横浜はもうフキノトウの季節なのですね。いいなあ。真理さんはフキノトウ味噌を作ったり、天婦羅を食べたりしないのですか? 帯広は先日、大雪でした。ドカ雪ですね。この雪が消えて、土が陽に晒されると、食べられぬフクジュソウと食べられるフキノトウの季節です。
 ああ、先ずは菓子ですよね? そう言えば、昔は最中を食べたものだったなと、思い返しております。ちょっと違いますが、今でもアイスチョコモナカは、結構な頻度で食べます…。私は子供のころ、小豆餡があまり好きではなかったのです。私の母方の祖母が、よく自分の家の畑で採れた小豆を選(よ)って、餡を焚いておりましたよ。昔は、農家の冬って、豆選りが大切な仕事でしたからね。選った豆を薪ストーブで沢山焚いておりましたよ。やはり和菓子は、大人になってからでないと、その良さが分かりませんよね。
 母は桃の節句は、毎年チラシ寿司を作って、食で祝うのです。我が家は、男子の家ですから、雛壇とかではなく、端午の節句の鎧兜が重要な行事ごとでありました。でも、私は妹が欲しかったのですよね。毎年デパートとかで雛壇を見るたびにそう思います。そして、寅さんを思うのです。妹の桜を思うのです。私たちが子供のころには、男は皆、肌着にステテコ、腹巻は、常に必須のファッションでしたよね。少なくとも家の中ではそうでした。ああ、渡邉家にはそういう人はいなかったかな…。きっとお父様はおしゃれだったのでしょうね…。私はよく寅さんみたいと言われておりましたよ。遠くから「寅さんのくせに。寅さんのくせに。寅さんのくせに。」という女の子の声が聞こえます。

 アニス酒をきちっと飲んでいると、背骨や頚椎を中止に、関節が柔らかくなって、軟骨の滑りが良くなりますよ。きっとこの感覚が、無意識にある精神的ストレスを緩和するのでしょうか? 筋肉の萎縮も緩和されます。それに性に負担がかかりません。鬱にも良いのかもしれません。朝アニスは、日中の仕事が捗りますよ。物凄く集中力を上げますし、記憶力も普通レベルまでには回復するのかもしれません。でも、さーっと文読みをしていると、こっくりと眠くなる時もあります。はっきり言って、試験管内で、フルメジンとHMB+アニス酒の化学反応を調べて、心身に良くない作用が確認されたら、私は、フルメジンを止めた方が良いと思っております。っていうかフルメジンは、日本国内で使用されている件数は殆ど無く、言葉で言えば死語の世界の薬だそうです。周りにそんな処方をされている患者は殆ど居ないとのことです。医者のカルテではどうなっているか分からないが、私に最初にこの処方をしたのは、谷内医師な訳でして…。フルメジンは使用を止めた方が良いのではないか?

 母はお酒が駄目な人でしてね。もしこれでお酒が大丈夫だったら、薬酒で親孝行できたでしょうにね。おそらく、母と私の遺伝子は半分チョイ以下、一致しているのです。私に効く療法は、母にも効くはず。
 あとは筋肉細胞代謝甲状腺刺激ホルモンと甲状腺ホルモンとの間の代謝回路を発見できれば良いのでしょうか? これが、私の表面上の心身症を発生させている要因なのかもしれません。ってことは、何時までも身体が運動し続けているという信号を発している仕組みの臓器の遺伝子を割り出せば、私はそれで緩解できるはず。おそらく細胞内熱源(ATPーADPなど)に客観性を持たせる臓器(代謝回路)がマヒしているのかもしれません。欠落した細胞内生化学化合物を補ってやれば、私の病気は治るはず。
 私は今度、キウィ酒を試してみます。笑 でも身体が普段から熱を余分に発している方が、気持ちは楽なのですよね。執筆の方も楽だったりします。でも、肌(はだ)けていたくなりますがね。笑
 どうも右目が恐ろしい醜悪な目元になっていたのですが、治ってきましたよ。何か日々変化がありますが、一日一日目元が和らいできたような気がします。きっと身体痛が解けてきたのでしょうね。
 最近、眠りの質が良くって、短時間睡眠でも、スッキリしていることが多いです。

 真理さんの家は、コロナは大丈夫ですか? お母様はなんともありませんでしたか?
 また感染の波がやってくるのでしょうか?
 毎回、全く嫌になりますよ。私は自分の行動範囲が、自宅、たぬきの里、イオン、病院、事業所しかないですからね。多分、事業所でうつるのですよね。「殆ど自宅と事業所にしかいません」ので、おそらくそういうことなのですね。苦笑 そして母にもうつしてしまうのです。苦
 これはコロナ変異種13種全部に罹ってしまうのでしょうかね? コロナ全種に同時に効くワクチンは、おそらくコロナ菌原種で作ったワクチンなのでしょうか?
 そう上手く話が進んでくれると良いですけれどもね。何か日本でワクチンではない、「治療」薬が生産されるそうですよね。

 私は、今回、コロナが始まる前にお尻の筋肉痛が酷かったのですよね。で、どういうことかと思っていたのですが、裾丈を調整したズボン類全部ですがね、全部くるぶし上まで、行ってしまうのですよね。ひょっとしたら、また骨盤下が伸びたかもしれません。大爆笑 1センチくらいかな? どうでしょうかね?

 アニス酒でいきなりです。大笑 先にも述べましたが、関節が緩くって、動きが楽なのですよね。何の成分かな? 軟骨の弾力を回復させる成分が、アニス酒の中にはあったりしますよ。この成分も探査しなければいけませんよね。また研究題材シーズですね。軟骨成分の柔軟性回復成分です。ああ、夜にアニス酒を飲みたいですが、止めておきます。

 今日は事業所で、BGM抜きで執筆作業をしておりました。あらがきが終わったら今度は、BGMを聴きながら、作品に合う曲を選び、歌詞を確認とって、引用登録をして、作品に組み込む作業をします。やはりBGMを聴きながらの作業は、家に帰ってからの疲れの感じ方が大分違います。ダメージが少ないです。

 明日は華金ですよね。一週間があっと言う間です。これから部屋の掃除をします。
 では、またね。

 愛しております。

インド考!

真理さんへ

 

Summertime - George Winston (2020 Music Video)

https://youtu.be/xrOtDNrN2Ro

youtu.be

 

 どうやら今日から、花粉症が始まったようです。くしゃみ鼻水が出ます。

 

 昨日はかなり小説を編集して、構想の前の段階まで呼吸を戻してしまいました。疲れた。抜本から解体してしまいました。今日もまだ、ガツガツと必要の無い文面は削っていきますよ。一章一章、構想を再度練って、書き直そうと思っております。

 やはり、チョビ酒は、集中力を上げますよ。何か小説の斬新さが復活したような気もしますし…。今日はもう一度、「章という普通列車」の「並び」と「連結」を確認して、それから「あらがき号」を再開します。

 

 今回の主人公は殉職自衛官ですからね。少しだけ身体を使う職業者を描けて嬉しいです。

 

 世の中の人は、世の中のひっくり返りの理由を知りたいのでしょうけれどもね。現在地球上にある実際にある技術を使うと、精神医療現場で言うところの幻覚幻聴疾患を、物理的に、人工で作ることが出来る、というところまで技術は進んでいる実態と出くわします。そこから物語は始まっております。その原因遺伝子との連関を取るところまできているのです、という話なのですね。

 久しぶりに難しい思考になってきました。

 

 上記の事柄に関して、転調の数を減らし、大まかな、ザックリとした、書き方を模索しようと思っております。構想段階では緻密に仕事をしたいのですが…。

 

 もっと自衛隊という仕組みを描いてみたいのですけれどもね。

 盗聴、盗データに関する不出来と、現インフラの崩壊過程を描きながら、組織とは?というものを描けたらなと、思っております。

 もっとマス・メディアという世界にも、嵌り込みたいのです。

 

 今回の作品には、糠平十勝川、帯広、音更、芽室、幕別の温泉は、描いておりません。その他の十勝地方の僻地の秘境温泉を描きたいと思っております。

 それに、アイヌに関しても、書きたいと思っておりますし…。

 現段階で100枚くらいに削りました。一部、大まかな捉え方に直してしまいたいのですが…。重複部分を整理したいし。

 天寿牧場に関しても書きたい。

 山菜、茸に関しても書きたい。

 ラワン葺きなど、特産物を持ちたい。

 チーズ工房。ピッツア・イタリアン。

 蜂蜜。

 マリアのお菓子好き。

 家畜・家禽・下水道・生ごみ・残渣バイオガス発電に関しても、書き込みたい。

 職工、漁工に関しても、描きたい。

 マリーが横浜で選挙に打って出る。

 

 昨日はドカ雪でしたよ。もう少し経ったら、融雪が始まるでありましょう。そうしたら、畑起こしが始まります。

 

 今日は事業所で、文中に森や山菜や茸に関して、描き足そうと思っております。

 人間らしい営みも描きたいです。

 

 あゝ、陽が一日一日伸びていきます。

 楽しくなってきますね。

 

 今日からはあらがきが書き終わるまで、耳に音を入れないことにしました。耳が聞こえないのと同じことですからね。

 

 帯広もアイヌに関する北海道条例が成立したら、早速アイヌを受け入れて、人口を増やしていかなければいけないし、そうしたら地域の起業活動も活性化しなければいけないですよね。北海道アイヌ条例は、国政の問題の話ではないのかもしれません。北海道内公務員の半数は、アイヌを採用するで、完全に決めてしまいたいのですね。所謂議会制度も含めて、クウォータ制度で行きたいのです。順次採用定数を見て、早めにこの目標が達成できるように、考えるべきですよね。倭人アイヌの所得差も埋めなければいけません。今はそこまでですよね。倭人は今以上の人口増は見込めないしなぁ。そこですよね。

 

 ホルスタイン獅子舞:別称 ベコシシを48体作りたいなあ。やはり家畜家禽の居る生活に憧れるなぁ。

 でも、インドに生まれ変わったら、水牛と鶏以外食べてはいけないルールですしね。きっと日本と同じ家畜系は居なかったりするのですよ。私はもしインドに生まれ変わったら、宗教原理には全面で従おうと思っておりますよ。

 

 インドに生まれ変わったら、早速、再生資源会社を起こし、日本とのビジネスを開始するのであろうなぁ。日本での陳腐化した在り来りの技術を取り入れて、総業を開始すると思いますよ。でも約13億人分のバイオガス発電って可能でしょうかね? そこを見極めなければいけないな。約3億台の冷凍冷蔵庫需要ですよ。ここを省エネ高性能で満たさないと、無益な殺生に繋がりますからね。やはり、少ない天寿死で多くの命を育みたいです。やはりそれには鶏ですよねぇ。インド産業界の抜本改革をするためには、日本の陳腐化技術のインド総業における再生と、そこから始まる、新しい考え方を如何にくみ取るかが勝負になりますよね。結局、下水道技術の高度化と、残渣バイオガス発電の高度化がインドには必須です。

 

 またインドから日本にやって来ますよ。

 

 と言う訳で、またメールをします。

 またね。

 

 愛しております。

大雪。事業所が休みです。

真理さんへ

 

広告なしのリラックスした音楽 【作業用・癒し・勉強用BGM】ジブリオーケストラ メドレー - Studio Ghibli Concert

https://youtu.be/YVPHA3A8vHs

youtu.be

 

 火曜日からいつもの4日間の勤務が始まります。外は大雪です。事業所があるかどうか分かりません。

 

 しかし、どうやって小説家になっていきましょうかね? 創造性に関する感じ方が錆びついてしまいました。常に新しくなければいけないと、若い頃は念じておりましたが、そんな私は、前世の私の行いに屈服してしまっているような気がします。それが私の作家感であったりします。特に現代作家というのは、時代の新しさを創造する力が、本人の因果によって敗退する人が多いみたいです。あくまでも自分自身で勝手に敗退していくのが特徴かもしれません。

 私の小学校時代のコマーシャル・キャッチコピーに、「自分に負けない」というのがあり、「常に新しく」というコピーもありました。ずーっとこのフレーズに追いかけられていたわけで、結局、私は前世と同じ作品しか書いていない現実感?を味わい続けておりました。でもオーソドックスな文体に纏めることを覚えて、作品数は上がるようにはなったのですが、どうも緻密な表現が出来ていないでおります。

 とにかく今の職場で、一日一杯小説に向かことが出来るのですから、その機会を活かさないわけにはいかない。でも、笑っちゃいそうになるくらいな、プレッシャーの受け方をしているのですよね。苦笑

 

 これから日本はサンタクロースの国と言われるようになるのかもしれないですよね? 地球の胎動を感じる世界が、サンタの国なのでしょうか?

 

 今、フランス領コルス(コルシカ)島を地図で見ております。地中海かぁ。何となく私の想像が掻き立てられるなぁ。この島に私の脳内の隠し財産が眠っているのかもしれませんよね。この島はナポレオンの故郷です。「酒の便り」という小説を書こうかしら? イエスではなく、イエスの兄妹たちの世界が広がっているのかもしれません。

 

 やはりスカンジナビアも想像力が掻き立てられるのですよね。私のこの世は辛過ぎたから、今度は幸せな世界をモデルにしてみたいです。でもこの世界、親のいない子供の世界なのかもしれません。そういった世界が、まだ楽しい若いアーリアなのでしょうね。きっと全てが電化された自動車の時代に、初めから終わりまで、手作りの内燃機関を作って遊んでいるような息子娘たちが居るような気がするのですよね。自動車かぁ。何か技術的鬼門になっているような気がするなぁ。

 ナポレオンの血族は、常に私の血族の横にいる家なのですよね。

 

 多分この世では、私は子供を作らないのでありましょう。だから、横にいる大和朝廷藤原氏も、新生児ばかりが生まれてきて、前世のある子どもはかなりその数を減らしていくのでしょうね。私も来世アーリア人として生きていくことになりますしね。そういったことは国別に起こるわけではなく、地球全体で起こると考えるべきで…。まあ実際は、嫁に行き来した女性は、皆逃げ出したいのかもしれませんよね? 月の迎婿日と関係があるのでしょうかね? 中国の習わしですが…。

 

 あゝ、竹取物語の本は、古本屋に売ってしまったからなぁ…。お月様かぁ。お酒って、身体の中の石が取れると、言いますけれども、真面目にそうだったりするのかもしれませんよね? 私は膵臓の石が外れた拍子に、膵液がキュルルっという感じで、流れ出した感覚がありましたよ。やはり酒の適量は身体が喜ぶのですよ。一日30mlが適量ということで、朝20ml、帰宅後10mlが依存症にならない方法なのでしょうか? アニス酒は美味しいですよ。

 お通じが全く普通の人の様になってしまいました。あとはオナラね。

 

 今、電話があって、事業所は大雪のため休業になりました。

 今日は、昨日からかなり考え込みましたから、小説の執筆に向かいます。

 少し時に甘え過ぎているのかもしれません。確実にゲットできるものは、確実にものにしなければ。

 

 では、またね。

 愛しております。